専門店も増えている!食パンの奥深さ

ふわっとした食感とできたての味を楽しめる高級パンブームがブームになっています。専門店の中には大阪から出店してきたお店もおおく、戦いがヒートアップしているようです。なぜ食パン専門店や高級食パン店が続々と出店しているのでしょうか。徹底調査してみました。

食パン専門店、高級食パンが流行する理由、きっかけ

食パン専門店が増えたのはセブンイレブンの金の食パンがきっかけです。トーストしなくても美味しい食パン能吏エガは4か月1500万個。これに目を付けた食パン専門店が次々に出店しているのです。また、金の食パンはお客さんにも大きなインパクトを与えたに違いありません。ジャムを塗らなくても、パン単体で食べてもおいしいパンをもっと食べたいと思った人たちがパン専門店に通うようになり、現在のようなパン専門店ブームが起こったようです。

朝食で最も食べられることがおおい食パン

日本人の主食と言えは米ですが、近年は米よりもパンを食べる傾向が強まっています。2011年の調査によると、1世帯当たりのパンの支出額が、米に対する支出額を上回ったのです。

米に対する需要は高いものの、パンの需要は右肩上がりです。2014年以降は再度パンに対する支出額が米を上回り年々パンに対する需要は米を凌駕しつつあります。

また、パンをメインにしたイベントでも、パンの人気ぶりに驚きます。2018年に横浜赤レンガで行われた「パンフェス2018」は悪天候にもかかわらず、開園の3時間後には行列ができました。その後3日間にわたってイベントは開催されましたが、総計13万人もの人が訪れています。

パンの人気ぶりを表すイベントとして印象的です。

働くお店でもデニッシュ、レーズン入りなどさまざまな種類の食パンを販売している

現代では米よりパンが日本人の主食になりつつあります。パンの種類には何もブレンドしていない「プレーン」、サクサク感に人気のある「デニッシュ」、風味豊かな甘みのあるレーズン入りパンなどさまざまなパンを販売しています。

また、定番のパンだけでなく、カフェオレやチーズ味など志向をこらしたパンもあります。パンは生食だけでなく、サクサク感やパン自体の風味をさらに引き出すため、さまざまなものをまぜて味やクオリティを挙げようと努力しています。

パン専門店の中には小麦だけでなく、水にこだわる専門店もあります。ミネラルバランスの取れたアルカリイオン水を使うなど工夫に余念がありません。このお店では連日長い行列がたえないそうです。

クオリティの高いパン専門店はあなたの近くにもあるはず。一度訪れてみるといいでしょう。