人生初のヨガを体験!

ヨガを始めてみることにしました

以前から気になっていつつもなんとなく先延ばしにしてきたことの一つに「ヨガ」があります。
私の普段の仕事は立ち仕事が多く、疲れが何日も抜けないでかなりしんどい思いをすることもありました。
何か手軽にできる健康対策はないかなと思っていたところ、ちょうど近所でヨガ教室が開催されるという情報をキャッチし、早速申し込んでみたのです。

ヨガが若い女性を中心に大変人気のある健康法となっていますが、最近では「シニアヨガ」といった高齢者向けのプログラムがあったり、子供や妊婦さんのための教室があったりとかなり幅広く行われています。

私が今回参加したのはヨガスタジオの体験コースで、やはり同年代の女性が多かったですが内容としては特に女性にだけ効果のあるようなものではなくとてもためになりました。

最初はヨガというと体が柔らかくないとポーズができなかったりするイメージもあったのですが、初心者はそれ以前の「呼吸法」や「瞑想」といったことをマスターする必要があると知り奥深さを感じました。

ヨガにおいては呼吸法・ポーズ(アーサナ)・瞑想の3つは必ず必要となる要素なのだそうで、この3つを同時に行わなければそもそも意味がないということでした。

つまり私達が見かけているヨガトレーナーさんなどがしている難しいポーズも、あれはポーズそのものに意味があるわけではなくポーズをしながら体全体のバランスを整えることの方が大切ということになります。

ヨガを始める前に準備しておくこと

これからヨガを始めるときにまず用意する必要があるのが、ヨガ用のウエアとヨガマットです。
ヨガウエアは絶対にそれでなくてはいけないというわけではないようですが、専門店に行くとヨガ向けの用品がたくさん販売されています。
ヨガウエア専門のブランドもあり、「flemew」や「yoggy sanctuary」などといったところは先生もおすすめをしていました。

ヨガマットはホームセンターや雑貨屋さんにも販売がされており、お手軽な価格で購入をすることができます。
マットも絶対なければいけないわけではないそうですが、フローリングの上でポーズをとるときに痛みをなくしてくれたり、床からの冷えを防いでくれたりするので本格的に行うなら絶対に購入しておく方がよいでしょう。

私が参加した教室で最初に言われたのが「これからヨガをするならまず絶対に教室に来てもらいたい」ということでした。
現在はかなりのヨガブームなので独学で行っている人も多いのですが、中には勘違いをしたやり方をしてしまっている人もいるということでした。

最初に基本を身に着けてから自分なりに知識を伸ばすのはよいそうですが、呼吸法などはやはり見てもらわないと実感が難しいので、プロの先生につくほうが効果が早く得られます。