私の好きな食べ物について

思い出のあるスパゲティ料理

私はパスタが全体的に大好きです。
パンも好きですが、それ以外の主食で選ぶなら断然パスタが一番です。
中でも特に大好きなのがカルボナーラスパゲッティで、外食をするときにはかなりの確率で頼むようにしています。

カルボナーラスパゲッティは味そのものというよりも自分の思い出が関係しているようで、子供のときに特別な日だけ連れていってもらえることになっていたカフェで、一番お気に入りのメニューだったことが今もかなり影響しています。

カルボナーラにもいろいろな種類があるようですが、私が一番大好きなのは大きめのサイズに切った厚切りベーコンをチーズクリームでまぜたというタイプです。

このチーズ入りというところがポイントで、卵たっぷりのものよりもほんのりチーズの風味があるものの方が好みなのでそうでないカルボナーラが出てきたときにはちょっとがっかりしてしまいます。

ただカルボナーラはスパゲティの中でも自宅で作るのが難しくて、ちょっと目を離した隙にすぐに卵が固まってくっついてしまうのでなかなか自分でお店の味を再現することができません。

最も私の中ではカルボナーラスパゲッティは特別な思い出のあるものなので、自分で簡単に作れるようになってしまったらスペシャル感がなくなってもったいかもしれません。

カレーパンに関するこだわり

パン屋勤務なのでパンについてもちょっとしたこだわりを書いてみたいと思います。
私のいるパン屋では主にバゲットや食パンなどの毎日の朝食や昼食で食べやすいパンを中心に作っているのですが、売れ筋であるお惣菜パンもいくつか扱っています。

お惣菜系パンの中でも特に人気が高いのはカレーパンで、よく訪れるお客さんたちからも「おいしい」という感想を頂いたりします。

最近はホームベーカリーで自宅でパンを作られる人も多いようですが、カレーパンというのはそう簡単に作れる種類のものではありません。

普通カレーライスとして食べるカレーと違い、カレーパンに使われるカレーというのは水分の少ない密度の高い仕様になっています。

このカレーパン用のカレーというのはお店によっては専門の業者から中身だけを取り寄せて生地に入れているということもあるのですが、うちの店の場合にはそうしたことはせず基本的に自店舗内で作ります。

うちの店のカレーパンのカレーの作り方は門外不出なのでここに書くことはできないのですが、聞いて驚くようなこだわりがその中には隠されています。

私もカレーは好きな料理の一つではあるのですが、このカレーパン用のカレーは別格で高価なホテルカレーとは全く違った魅力があります。
他のお店のカレーパンも試食してみたりしますが、やっぱりうちのお店のものが一番だなと思います。