彼氏と一緒に水族館へ♪

以前から憧れだった水族館デート

ここのところ彼氏と一緒に過ごす時間がとれなくて、会えても自宅にばかりいる日が続いていました。
そこで久しぶりに休みが合った先日、前々から気になっている水族館にデートをしようと連れ出し一日を満喫してきたところです。

水族館デートというと個人的にはまるで高校生のような感じもしてしまうのですが、案外大人になってから行っても十分楽しめることがわかりました。

特にここ最近では全国の水族館のレベルが相当高くなっていて、時間ごとに楽しいイベントをしてくれていたり、まるで芸術作品のような展示をしてくれたりしています。

中でも私が前々から行きたい行きたいと言い続けていたのが「新江ノ島水族館」で、都内とはまた違った雰囲気の人気水族館を見たいと思っていました。

新江ノ島水族館は神奈川県藤沢市の湘南海岸にある水族館で、江ノ島や富士山の景色が見えるところとしてもよく知られています。
実際に行ってみたところとても施設全体が広く、また「エデュテイメント型水族館」をうたっているだけあってかなり内部の展示にも凝っていました。

館内にいる魚はなんと590種類以上で魚の数も2万匹を超えるということだったので、その数だけでも見る価値はあったと思っています。
アクセスも都内からなら1時間くらいですぐに到着できるので、ミニ旅行気分も味わうことができます。

水族館デートのよいところ

私が次回のデートで絶対に水族館に行きたいと思っていた理由は「天気のせいで中止になりたくない」ということです。
せっかくの休日に予定を立てていたのに、当日土砂降りになってしまったせいで延期なんてことになったらがっかり感も二倍です。

なのでデートの行き先にはきちんと雨風をしのげる施設にしたいと思い、そこで映画館との二択で水族館にしました。
水族館のもう一ついいところは、適度に会話をしながら近い距離で過ごせるということです。

最初に高校生デートみたいと言いましたが、私自身が高校生のときに始めて付き合った人と出かけたのも地元の水族館で、そのときに二人で暗がりを歩いてちょっと手を繋いだりしたドキドキ感を今も覚えています。

私達が行ったときにも周囲に高校生らしいカップルが何組がいましたが、さりげなく顔を近づけて魚の入った水槽を覗き込んだりしている様子がとても微笑ましかったです。

今回新江ノ島水族館に行ったときには偶然時間も合ったので、大水槽の水中ショーやイルカショーも見ることができました。
こういうタイミングも何気にデートが盛り上がるきっかけになるのでとても運が良かったなと思います。

帰りには海の見えるテラスでちょっと贅沢なディナーなんかもすることができて、本当に大満足の一日デートでした。