海外でのリゾートウエディング費用

思っていたほど高額ではない?

リゾートウェディングリゾートウェディングをするなら海外が良いとの意見も多く、国内よりも海外を優先的に候補地の絞り込みをする方もいます。
一生に一度の結婚式だからこそお金をケチるのではなく、ある程度お金がかかっても良いので最高の結婚式にしたいと考えるのも当然です。
しかし、何となく海外でのリゾートウェディング費用は高額になりそうというイメージを持っている方も多いですが、実際に海外で結婚式を行った方に話を聞いてみると意外と費用は高額ではないことがわかります。
最初はどのくらい費用が必要になるのかわからなかったので、ビクビクしながら予算を見積もってもらったところ、これなら自分達でも問題なく結婚式ができると安心するケースも多いようです。

基本的な費用について

海外の結婚式で基本的な費用として計上される分については、リゾートウェディングを手配してくれる会社があらかじめ定めているパック料金に含まれている場合が多いようです。

渡航先や渡航先での結婚式場をどこにするのかによって金額が異なるものですが、平均すると7~25万円程度になると予想されます。
この金額には会場使用料や結婚式を取り仕切ってくれる牧師または新婦への謝礼、ブーケなどの料金があらかじめ含まれています。
内容を精査したうえで、不要になると考えられるものについてはあらかじめ問い合わせをして省くようにしてください。

変動費について

海外のリゾートウェディングでネックになるのが旅行費用の問題です。
飛行機代が高めに設定されているため、あまりたくさんの親族を呼ぶことができないと嘆く方が多いです。
一般的な考え方としては、旅費は新郎新婦が全額または一部だけ負担をするので、ご祝儀をもらった場合には遠慮なくいただくというスタンスに決めた方が良いです。

できるだけ旅費を抑える方法としては、雨季でなかなか外出できないという日はチャンスです。
この時期はオフシーズンになるため、海外旅行を希望する方があまりいないので、チケットの料金もきっと安くなると考えられます。
オフシーズンを狙って旅費を抑えることで大幅にコストカットができるようになります。

逆にお客さんが多い長期休暇の繁忙期になるほどチケット料金が高くなるため、予想以上に高い予算を組まなければいけないか、ゲストを新郎新婦とそれぞれの家族だけに絞って他の人は招待しないという流れを徹底できれば良いものの、予算の都合だけで呼ぶ呼ばないを決めてしまうのはいかがなものかと考えられます。

オプションについて

誰もが結婚式前後に行われるビーチフォトなどで撮影した画像を大切に保管しているものです。
写真撮影については基本的には料金に含まれていないため、オプションとして依頼する方もいます。