北海道でのリゾートウエディングの費用

豊かな自然を堪能できる

北海道観光地としても人気の高い北海道は、四季に応じて異なる光景を楽しめる自然が溢れる中で結婚式ができるという点で人気があります。
新婚旅行を兼ねて北海道の美味しい料理を楽しみながら観光をしたいと希望するカップルも多いです。
北海道で行われる結婚式は招待制ではなく会費制が一般的なので、新郎新婦の金銭的な負担だけでなく招待される側もご祝儀の心配をすることがないというメリットがあります。
最近は会費制が合理的な結婚式の形だと考えられるようになって、北海道意外の地域でも会費制を導入する事例が増えているそうです。

北海道でのリゾートウェディングの費用はどのくらい必要になるのか調べてみました。

北海道ならではのメリットも

北海道以外の場所に住んでいる方にとってはあまり馴染みがないと思われる会費制の結婚式ですが、北海道では当たり前のように行われているものなので逆に招待制の結婚式に招かれてご祝儀をどのくらい渡すべきなのかと戸惑うケースも多いです。
もちろん、北海道でも招待制のリゾートウェディングを行うこともできますが、この場合は当然ながらゲストの数が多くなるほど金額が高くなります。
大体の目安としてはゲストを20人ほど招待した場合で70~100万円というプランが多いです。
招待するゲストの数を少なくすることで費用を抑えることもできますが、もっとステキなドレスにしたいとか料理を豪華にしたいなどの要望があれば金額が高くなると考えてください。

会費制にした場合は、新郎新婦は挙式費用や衣装代などの基本料金を準備して、ゲストには会費を支払っていただくことで結婚式を行うことができます。
基本料金に関しては式場によって違いがあり、内容が充実しているほど高額になります。
基本料金として設定されている金額は10~50万円とかなり開きがあるため、内容をよく確認したうえで最適な会場を選択すると良いでしょう。

会費制にすると基本的にはゲストからのご祝儀は無いものだと考えてください。
挙式費用に関しては大幅に抑えることはできますが、ゲストが会場までやって来る際の交通費や宿泊費を負担するか否かを検討する必要があります。
それぞれ考え方はありますが、交通費だけは新郎新婦で負担をするので宿泊費に関してはゲストに負担をしてもらう、交通費と宿泊費の両方を新郎新婦が負担する、いずれもゲストの自己負担でお願いするなどの選択肢があります。
ゲストとの付き合い方によっても異なりますので、これが正解という答えはありませんが、二人の結婚式に訪れるためにわざわざ貴重な時間を割いて来てくれるということをよく考えて真摯な対応をすることをおすすめします。